アルバイトで働いていても休憩をとらなくてはならない場合があります。

シーズンごとにある短期雇用のアルバイト

シーズンごとにある短期雇用のアルバイト

アルバイトの休憩時間

アルバイトで働いていても休憩をとらなくてはならない場合があります。アルバイトで働いている全ての方が休憩をとらなくてはならないと言う決まりはありませんが、一定の条件を満たしている方は必ず休憩をとらなくてはならない決まりになっています。一定の条件とは6時間以上働く方になります。1つの職場で6時間以上働く方は45分から60分の休憩をとらなくてはならない決まりになっていますので、自分が休憩なしで早く帰りたいと言う場合でも勝手な行動をしないようにしなくてはなりません。またこれはどこの会社でも同じなので休憩を取らなくても働く事ができる職場を探しても見つけることができません。これはしっかりと覚えておくようにしましょう。

8時間働く方は60分になるのでアルバイトをしている方の場合はほとんどの方が45分に該当する事が多いでしょう。しかし会社によっては6時間働くアルバイトの方にも60分の休憩を与える場合もあります。これは労働基準を違反している訳ではないので従わなくてはなりません。どうしても45分の休憩が良いと考えている方の場合は会社に交渉をしてみると良いでしょう。45分の休憩でも問題ないと言う事で変更をしてくれる場合もあります。

Copyright (C)2017シーズンごとにある短期雇用のアルバイト.All rights reserved.